稼げる登録販売者になろう!【登販ライフ】
【登販ライフ】 » ドラッグストア以外の登録販売者 » コンビニで働く登録販売者

コンビニで働く登録販売者

コンビニでの登録販売者の働き方

最近は、コンビニエンスストアでも、一般医薬品を取り扱う店舗が増えています。

薬局が近くになかったり、急に薬が必要になった時の救世主として、需要が急増しています。

コンビニで登録販売者として働く場合、仕事内容は、基本的には通常の販売員と同じ。

ただし、コンビニ業界では、今、登録販売者の人材確保に必死なこともあり、資格手当や給与には期待ができそうです。

コンビニのメリット

最大のメリットは、給料の良さと働きやすさ。

通常の販売員とは違い、資格を持っている登録販売者は、給料が高めに設定されていて、平均月給は20~35万円程度。

店舗数が圧倒的に多いので、家から近場の店舗を選べたり、24時間営業のため、シフトも融通が効きます。

早朝から夕方まで勤務するといったこともできるので、子育て中や介護中の方にも最適ですね。

また、お客様は、常連の方が多く、接客の距離感が近いため、より親身なアドバイスができるでしょう。

コンビニのデメリット

コンビニでは、薬だけを買いに来るお客様は少なく、取り扱っている医薬品の数もごく僅かです。

加えて、通常の店舗業務も行うので、せっかく資格を取っても「私は何をやっているんだろう」と、やりがいを感じられなくなるケースも。

各コンビニとも、研修制度は充実していますが、現場でスキルを発揮する機会が少ないため、スキルアップもしにくいと言えるかもしれません。

登録販売者のいるコンビニ

ローソン

「マチの健康ステーション」を目指していて、コンビニ業界の中でも、特に登録販売者の求人に力を入れている企業。

自社のローソンファームで育てた安全性の高い野菜を販売するなど、健康を意識した商品が多いのも魅力。

登録販売者は、eラーニングによる研修の無料受講が可能。

ファミリーマート

通常店舗での登録販売者の採用をはじめ、2013年にはヒグチ薬局と提携して、コンビニx薬局の一体型店舗をオープン。

登録販売者の雇用は、ヒグチ薬局が行っており、約500種類ほどの医薬品を扱っている。

勤務の時間帯は、コンビニの24H営業に合わせて選べるのが魅力。

転職におすすめ
登録販売者の求人を比較
マツモトキヨシ
年収 340万~
残業
(月)
10H
さっそく
求人詳細をチェック
サンドラッグ
年収 214.8万~
残業
(月)
不明
さっそく
求人詳細をチェック
ウエルシア
年収 309万~
残業
(月)
16H
さっそく
求人詳細をチェック

給料アップを目指すなら
登録販売者の
転職情報をチェック!